エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

サイドディッシュ

かぼちゃのクートゥ(南インドのカレー)

更新日:

かぼちゃのクートゥ

クートゥはココナッツを使った南インドのドロッとしたカレーです。

地域によっても家庭によってもバリエーションがあるようで、豆を煮てからつぶすものや、このレシピのように煎ってパウダー状にして混ぜるものなどさまざまです。

どの作り方でもそれぞれおいしくて甲乙つけがたいですが、わたしはこれが気に入っています。
ソースがこってりしているので、タマリンドの酸味を加えたほうがおいしいと思います。
タマリンドを入れないレシピもあります。

かぼちゃは日本かぼちゃの方が合います。
今回使ったのは沖縄の在来種ですが、各地域で手に入るものを使ってください。
よく売っている西洋かぼちゃ(くりかぼちゃ)だとこってりしすぎます。

かぼちゃのクートゥ(南インドのカレー)のレシピ

準備10分 調理15分

材料(3人前)

【A】

  • チャナダル 大さじ1
  • ウラドダル 大さじ1
  • 鷹の爪 1本

【B】

  • コリアンダーシード 大さじ1
  • クミン 小さじ4分の1
  • シナモンスティック 3センチ

【C】

  • ヒング 1つまみ
  • 鷹の爪 1本
  • マスタードシード 小さじ2分の1
  • クミンシード 小さじ2分の1
  • カレーリーフ 1枝
  • オイル 小さじ2

【D】

  • 日本かぼちゃ 300g
  • トマト 中1個またはトマト缶大さじ2
  • ターメリック 小さじ4分の1
  • タマリンド 大さじ1
  • ココナッツファイン 大さじ2 
  • 塩 小さじ1

準備

タマリンドを同量のお湯で柔らかくしてかすを絞って取り除いておく。
ココナッツファインを同量のお湯でふやかしておく。
かぼちゃを2センチ角に切る。

手順

 

  1. 【A】を薄く色づくまで中火で煎る。
  2. 色づいてきたら【B】を加えて焦げないようにさらに煎る。
  3. 冷めてからミルサーで砕く。
  4. 細かい粉末状になったらそこにココナッツファイン、水少々を加えてペースト状にする。
  5. 鍋に【C】のオイルを入れて中火にかける。
  6. すぐにマスタードを入れて、はじけてきたら火を弱めて鷹の爪とクミンを加える。
  7. すぐにシュワシュワしてくるので、カレーリーフとヒングを加えて焦げないように軽く炒める。
  8. トマトとターメリックを加えてねっとりするまで炒める。
  9. トマトが溶けたらカボチャを加えて1分炒める。
  10. 水1.5カップを加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。
  11. 4のスパイスペーストとタマリンド、塩を加えてひと煮たちさせる(焦げ付きやすいので注意)。

メモ

  • かぼちゃはあっさりした日本かぼちゃの方がこの料理にはあいます。一般的な西洋かぼちゃ(くりかぼちゃ)だと甘すぎ、ねっとりしすぎです。
    今回わたしが使ったのは沖縄在来種のこのかぼちゃです。
    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1240854-1200x900.jpg です
  • カレーリーフはなくてもできますが、あったほうがより現地の味になります。
  • チャナダルとウラドダルはインド料理を作るときの基本の豆なので、そろえておくといいです。

献立のヒント

このカレーはご飯と合います。
インディカ米の玄米がおすすめですが、チャパティでもいけます。
豆のカレーと組み合わせてください。

-サイドディッシュ
-, , , , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.