エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

パスタ

大豆ミートソース

更新日:

わたしが子どものころは、スパゲッティといえばミートソースかナポリタンでした。
中学生ぐらいからイタリア料理店が近所にもでき始め、パスタ初めてパスタソースのバリエーションに触れて驚いたことを覚えています。

本場のイタリア料理を食べたのは、大学在学中にイタリアを旅行したときです。
イタリアで食べるイタリア料理は本当においしかったです。

イタリアではミートソースのことをラグー・アッラ・ボロニェーゼと言います。
もともとはエミリアロマーニャ州の郷土料理で、基本的にタリアテッレと合わせますが、イタリア全土でも定番メニューになっています。

ヴィーガンバージョンはひき肉を大豆ミートのひき肉タイプにするだけです。
戻した後にしっかり絞ると臭みが抜けます。

本来は2時間ほど煮込みますが、1時間ほどでも十分おいしいですよ。
ヴィーガンパルミジャーノをかけて召し上がれ。

大豆ミートソースのレシピ

準備10分 調理60分

材料(3人前)

  • 大豆ミート(ミンチタイプ) 50g
  • カットトマト缶 400g
  • ニンニク1かけ
  • 玉ねぎ 50g
  • にんじん 50g
  • セロリの茎 50g
  • ローリエ 1枚
  • 生ロースマリー 1枝
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 少々

準備

鍋に湯を沸かし、大豆ミートを10分茹でる。
ザルに上げて冷ましたのち、しっかり水けを絞る。
にんにくを叩き潰してみじん切りにする。
玉ねぎ、にんじん、セロリはそれぞれみじん切りにする。

手順

  1. 鍋にオイルを入れてニンニクを入れ、火にかける。
  2. 中火でゆっくり炒め、香りが出てきたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。
  3. 大豆ミート、セロリ、にんじんを加えて1分ほど炒める。
  4. トマト缶とローリエ、塩を加えて蓋をして、弱火で1時間ほど煮る。
  5. 最後にローズマリーとこしょうを加えて火を止める。
  6. さらに盛り付けて、ヴィーガンパルミジャーノを振りかける。

メモ

  • 大豆ミートはよく絞ると臭みが抜けます。
  • ローリエとローズマリーの香りでさらに臭みが消えるので、省略しないほうがいいです。
  • 冷蔵庫で3~4日ほど持つので作り置きができます。冷凍も可能です。
  • ラザニアなどにも利用できます。

献立のヒント

スパゲッティや手打ちパスタなどにかける場合、たんぱく質は十分ですが野菜が少ないので、サラダを加えるとバランスが取れます。
酸味があるマリネと組み合わせるのがおすすめです。

-パスタ
-, , , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.