エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

サイドディッシュ

からし菜の茎のアチャール

投稿日:

からし菜の茎のアチャール

アチャールとはインドやスリランカ、ネパールなどのピクルスのことです。
地域や人にとって様々なバリエーションがありますし、材料によっても変わります。

からし菜の茎のアチャールは、パンジャブ地方の伝統的な料理で、Gandal ka achar と言います。
ここ沖縄と同様、冬に出回るからし菜の太い茎を使って作ります。

白菜のアチャールは生の白菜を漬け込みましたが、からし菜の茎のアチャールは下茹でして漬けます。
日光に当てて何日か寝かせるところは同じです。

からし菜がたくさん手に入った時に作ってみてください。
日本の漬物に似ていてとてもおいしいです。

からし菜の茎のアチャールのレシピ

調理15分 熟成2~3日

材料(2~3人前)

  • からし菜の茎 500g
  • ブラックソルト 小さじ1(普通の塩でも可)
  • マスタードシード 小さじ2
  • ターメリック 小さじ1
  • チリパウダー 小さじ1
  • アップルビネガー 大さじ2
  • マスタードオイル 大さじ1

手順

  1. からし菜をよく洗い、柔らかい葉の部分から茎を取り分けて、5センチ程度の長さに切る(茎に葉が残っていてもいい)。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かして、さっと茹でてから水に取り、ぎゅっと絞る。
  3. マスタードシードを乾煎りし、冷めてから粗くすりつぶす。
  4. からし菜をボールに入れ、塩、マスタードシード、チリパウダー、ビネガー、オイルを入れてよく混ぜる。
  5. ガラス瓶に入れて1~3日日光に当てるか、常温で置く。
    冷蔵庫で2週間保存可能。

メモ

  • 茎に葉っぱがついていても大丈夫です。
  • お好みでにんにくを加えてもいいです。
  • 3日間ほど漬け込んだ方がおいしく食べられます。

献立のヒント

チャパティやご飯、炊いたキヌアなどとよく合います。
豆のカレー、野菜のカレーと組み合わせてください。

-サイドディッシュ
-, , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.