エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

パスタ

ペンネのなすとローズマリーソース

更新日:

ペンネのなすとローズマリーソース

ローズマリーの香りをかぐと、いつもイタリアを思い出します。

街角にテイクアウトと立ち食い専用のピッツアスタンドがあって、そこでよくローズマリーとじゃがいもだけのピッツァを買っていました。
量り売りで「これぐらい」とか「何人前」などと注文すると、焼き立てを切って紙に包んで渡してくれます。
それを歩きながら食べるのがおいしかったです。

ローズマリーはトマトソースとも相性がいいので、なにかと出番が多いハーブです。
わたしは庭で何株か栽培しています。

このなすとローズマリーのソースは、見た目や想像よりもずっとおいしいので、ぜひ試してみてください。
塩をかけてあく抜きすることで、とろっと濃厚に仕上がります。
この工程を省略しないでくださいね。

ペンネのなすとローズマリーソースのレシピ

なすとローズマリーソース

準備30分 調理15分

材料(2人前)

  • なす 大1本または小2本
  • トマト 中2個
  • ポロねぎ (なければ太長ねぎ)10センチ
  • ニンニク1かけ
  • 生ローズマリー 1枝
  • チリペッパー 少々
  • オリーブオイル 小さじ2

準備

なすを1.5センチ角に切って、塩を振って30分ほど置いておく。
茶色い汁が出てくるのでそれを捨て、なすをさっと洗って軽く絞っておく。
トマトは皮を湯むきしてざく切りにする。

ねぎをみじん切りにする。
にんにくを叩き潰してみじん切りにする。
ローズマリーを洗って水気を切る。

手順

  1. 鍋にオリーブオイルを入れてニンニクとローズマリーの枝を入れ、火にかける。
  2. 中火でゆっくり炒め、香りが出てきたらねぎとなすを加えて1分ほど炒める。
  3. トマトとチリペッパーを加え15分ほど煮る。
  4. ローズマリーは取り去っておく。
  5. ソースができてきたらペンネをゆで始める。

パスタ(ペンネ)

調理時間 7~8分

材料(2人前)

  • 全粒ペンネ 120g
  • 水 1リットル
  • 塩 ひとつまみ

手順

  1. 鍋に湯を沸かしす。
  2. 沸騰したら塩を一つまみ入れてパスタをゆでる。
  3. 袋に記載してあるゆで時間よりも30秒ほど早く上げる。
  4. すぐに鍋の中でソースと合わせ、炒めずに軽く混ぜて塩味を確認する(なすの塩気があるので、入れなくてもちょうどいいぐらい)。
  5. ヴィーガン・パルミジャーノを添えてサーブする(ヴィーガン・パルミジャーノのレシピはこちら)。

メモ

  • 最初になすに塩をしてあく抜きすることで、格段においしくなります。この工程を省略しないでください。
  • ソースを先に作り始め、パスタがゆだったときにすぐにあわせられるようにしておきます。
  • パスタをゆでている間にお皿やフォークなどをそろえ、出来次第食べられるように準備します。パスタをゆでるのは一番最後の工程です。
  • 環境と動物のため、食材はオーガニックか有機栽培のものを使いましょう。
  • 全粒ペンネはアルチェネロのオーガニックのものがおすすめです。

献立のヒント

これだけではたんぱく質が不十分なので、豆料理のメインディッシュといっしょにどうぞ。
うずら豆のマリネや、白いんげんのトマト煮などがおすすめです。

-パスタ
-, , , , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.