エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

ライフスタイル

ヴィーガンでない食材に注意

更新日:

原材料をチェックしよう

ヴィーガンの食生活を実践するにあたって、原材料表示のチェックは欠かせません。
動物由来成分が入っていないかどうか確認しましょう。
次のようなものは動物由来なので避けましょう。

  • はちみつ(ハチの労働の成果です)
    →メープルシロップを使いましょう。
  • ゼラチン( 動物の骨や皮に含まれるコラーゲンから作られる )。
    →寒天やくず粉を使いましょう。
  • コチニール色素(カイガラムシから抽出される赤い色素)
  • カゼイン(乳たんぱく)
  • 乳糖
  • 乳酸菌(動物性の物がある)
    →植物性乳酸菌ならOKです。
  • ラード(ブタの脂肪)
    →ココナッツオイルなどの植物性油脂を使いましょう。

製造過程で動物が使われているもの

原材料には含まれていなくても、製造過程で動物由来物質が使われている食品があります。

  • 白砂糖・三温糖(精製する際に牛などの骨炭を使用 )
    →ココナッツシュガーやメープルシュガーを使いましょう。
  • ワイン(不純物をろ過するために動物由来物質を使うことがあります)
    →アレルギー表示義務があるEUのワインかヴィーガン表示があるワインが安心です。国産ワインは製造元に問い合わせましょう。
  • サプリメント(ゼラチンカプセルや動物実験の恐れあり)
    →ヴィーガン表示のある物を買いましょう。

ヴィーガン表示を要求しよう

日本ではヴィーガン食材の表示がないので、製造過程で動物実験をしていないか、動物由来物質が使われていないかがわかりません。
製造元に問い合わせてもはっきりしないことすらあります。

わかる範囲で可能な限り避けることはもちろんですが、それには限界があります。
納豆菌を培養する際に肉エキスの培地が使われていたり、大手食品会社では動物実験が行われていたりします。

はっきりしない場合はどんどん問い合わせをするとともに、ヴィーガンが安心して食材を選べるように、ヴィーガン表示の実現をめざして働きかけていきましょう。

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.