エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

サイドディッシュ

青いパパイヤのアチャール

更新日:

青いパパイヤのアチャール

アチャールとはインドやスリランカのピクルスのことです。
本来は何日も寝かせて作りますが、これはインスタントにすぐできます。
しかもとてもおいしいのです。タマリンドの甘酸っぱさと唐辛子の辛さでどんどん食が進みます。

パパイヤはここ沖縄では庭に勝手に生えてきて、いつのまにか実を付けます。
こちらではありふれていますが、本土でも最近は生産販売されるようになってきました。

癖がなくて食べやすいですが、それだけにあまり特徴がないようにも思います。
ですがアチャールにすると、びっくりするほどおいしく食べられます。

作り置きもきくので、もし手に入ったらぜひ作ってみてください。

青いパパイヤのアチャールのレシピ

準備20分 調理15分

材料(2~3人前)

 

  • パパイヤ 1個
  • にんにくみじん切り 大さじ2
  • しょうがみじん切り 大さじ2
  • 青唐辛子 2〜4個 みじん切り
  • マスタードシード 小さじ1。
  • ヒング 小さじ4分の1
  • 生カレーリーフ 1枝
  • フェヌグリークシード 小さじ1/4。
  • タマリンド 大さじ1
  • ターメリック 小さじ½
  • チリパウダー 小さじ1
  • オイル 小さじ1
  • 塩 小さじ4分の1

準備

パパイヤの皮をむき、1~1.5センチ程度の角切りにして、水にさらして20分ほどあく抜きする。
タマリンドを同量のお湯で柔らかくし、かすを絞って取り除いて、100cc程度にのばしておく。

手順

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、パパイヤを5分程度茹でて水を切る。
  2. 鍋にオイルを入れて火にかけ、マスタードシードを加える。
  3. パチパチとはじけ始めたら、にんにく、しょうが、ヒング、フェヌグリークシードを加え、ニンニクが軽く色づくまで炒める。
  4. ターメリック、チリパウダー、カレーリーフを加えて弱火で1分間炒める。
  5. タマリンドの液体とパパイヤを加え、濃度がつくまで5分間程度煮る。
  6. 冷めてから瓶などに入れて保存する。

メモ

  • パパイヤは形が崩れるほど煮ないようにしてください。
  • チリパウダーの代わりにカイエンペッパーを使う場合は、辛みが強いので量を少なくしてください。
  • 生のカレーリーフが手に入ったときに冷凍しておくといつでも使えます。

献立のヒント

チャパティやご飯、炊いたキヌアなどと合います。
豆のカレー、野菜のカレーと組み合わせるとバランスが取れます。

-サイドディッシュ
-, , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.