エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

ライフスタイル

レンズ豆とパスタの犬ごはん

更新日:

レンズ豆とパスタの犬ごはん

以前にも一度犬ご飯のレシピを紹介しましたが、今回は手作りご飯をメインにするために微量栄養素をサプリで補ったものを紹介しようと思います。

こちらのサイトのレシピを参考に、足りない微量栄養素を計算して添加しました。
市販フードにトッピングする程度ならサプリは省いても大丈夫です。

今回は猫ピカイアさんの栄養計算ソフトを使いました。→ https://nekogohan.net/eiyokeisan/04-01/

微量栄養素の量は、このソフトでAAFCOの栄養基準と照らし合わせて調整していきます。
プラントベース食には人・犬共通でビタミンB12のように不足しやすい栄養素があり、また犬の場合はタウリンとL-カルニチンが不足しやすいと言われています。
とくに高齢になると心臓病リスクが上がるので、この2つは別に添加します。

この分量で中ぐらいの鍋2つ分できます。
総カロリーは2700cal程度で、うちの大型犬2頭の3食分ですが、中小型犬の場合は小分けして冷凍保存してください。

食事を切り替えるときは、その犬の一口分をこれまでのフードにトッピングするところから始め、様子を見ながら徐々に増やしていきます。

なお、犬の健康のため材料はオーガニックや自然栽培のものを強くお勧めします。

レンズ豆とパスタの犬ごはんのレシピ

準備1時間 調理35分

材料

準備

レンズ豆を1時間水に浸して水を切る。
さつまいも、にんじん、小松菜をそれぞれみじん切りにする。

手順

  1. 赤と茶のレンズ豆、パスタ、カットわかめ、さつまいも、にんじん、ターメリック、こしょうを鍋に入れ、水2リットルを加えて30分ほど、材料が柔らかくなるまで煮る。
  2. 火を止めて、ゆでたインゲン豆、ニュートリショナルイースト、サプリメント類を加えて混ぜる。
  3. すっかり冷めてから小松菜とフラックスシードを加えて混ぜる。

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1260342-1200x900.jpg

メモ

  • ニュートリショナルイーストは、ビタミンB12が添加してあるものを使ってください。
    iherbのものがお勧めです→https://iherb.co/UV3UYF1
  • 全粒パスタをキヌアや玄米、大麦などにして、ローテーションするとリスクを減らせます。
  • 小松菜の代わりに季節の青菜にしてもいいですが、ほうれんそうやスイスチャードのようなあくが強いものは避け、ケールなどのあくが少ないものを使ってください。
  • サプリメント類はiherbでまとめて購入するのが安上がりです。
    材料のところのリンクをご覧ください。

栄養データ

総重量 1519 g
水分 606 g
エネルギー 2742.2 kcal(合計)

たんぱく質 196.2 g 22%
脂質 43.2 g 5%
可溶性炭水化物 482.5 g 53%
繊維 不溶性  106.5 g 11.7%
総量 146.2 g 16.0%
灰分 25.6 g 2.8%
ナトリウム 1193 mg 0.13%
カリウム 9415 mg 1.03%
カルシウム 4768 mg 0.52%
マグネシウム 854 mg 0.094%
リン 3479 mg 0.38%
カルシウム: リン 1.37 : 1
鉄 63.9 mg
亜鉛 86.0 mg
銅 6.21 mg
マンガン 12.26 mg

ビタミンA カロテン当量 4778 IU
ビタミンAレチノール当量 4829 IU
ビタミンD 2500 IU
ビタミンE 13.9 IU
ビタミンK 847 μg
ビタミンB1 22.79 mg
ビタミンB2 20.51 mg
ナイアシン 24.3 mg
ビタミンB6 24.75 mg
ビタミンB12 45.0 μg
葉酸 3205 μg
パントテン酸 15.1 mg
ビタミンC 145 mg
コレステロール 0 mg
食塩相当量 2.8 g
脂肪酸 飽和 2.4 g
一価不飽和 2.0 g
多価不飽和 6.0 g
n-3 18297 mg
n-6 9239 mg
n-6:n-3 0.5 :1
リノール酸 4780 mg
アラキドン酸 26 mg
αリノレン酸 1129 mg
EPA+DHA 25 mg
ヨウ素 941 μg
セレン 437 μg
ビオチン 143 μg

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.