エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

サイドディッシュ

ヴィーガン大豆で作る豆乳とおから

更新日:

ヴィーガン大豆で作る豆乳とおから

わたしは実は豆乳もおからも好きではありません。
豆乳そのままで飲むことはなく、ヨーグルトに加工してバナナとココアを混ぜて食べています。

市販のオーガニック豆乳は大豆の味があまりしないので、これまでずっと使ってきました。
豆腐屋などで売っている豆乳は、味が濃すぎてとても無理です。

ですので手作り豆乳にはあまり興味がありませんでした。
それに、副産物としてできる大量のおからにも困ります。
ですが、市販豆乳を定期的に買っているとどうしてもゴミが出ますし、オーガニック栽培では動物性肥料も使っています。

野菜は植物性飼料または無施肥(自然農法)で育てた*ものを買っていますが、大豆はそれらの入手が比較的簡単なのに、もったいないと思ったのです。
*海外ではBiocyclic Vegan Agriculture (生物循環ヴィーガン農業)という方法が確立されており、日本では自然農法やそれに近いものがこれにあたります。

そこで、豆乳が好きでないわたしでも飲めるように、市販品並みに薄めに作ってみました。
すると、意外においしくできたのです。
大豆がよかったのかもしれません。

豆乳はすぐにヨーグルトにしましたが(トップの写真)、市販豆乳を使ったものとは違って、ギリシャヨーグルトのような濃厚さがありつつも豆臭くなく、これまたおいしかったです。

おからについては、インド料理のウプマにしてみたら、かなり食べやすくなりました。

ということで、これはおすすめです。
濃厚な豆乳が好きな方は、加える水の分量を800ccぐらいまで減らしてください。

ヴィーガン大豆で作る豆乳とおからのレシピ

大豆の浸水時間1晩 調理45分

材料(豆乳1000cc、おから350g分)

  • 自然栽培大豆 200g
  • 水 1000cc
  • オーガニックコットンのバッグ(大豆を漉す用)

準備

大豆をよく洗って一晩水に漬けておく。

手順

  1. 大豆を水切りし、その半量と水200ccと一緒にフードプロセッサーかミキサーにかける。
  2. 残り半量も同じようする。
  3. 大きな深鍋に大豆ペーストを入れ、水600ccを加えて、中火で絶えずかき混ぜながら煮る。
  4. 温度が上がってきたら吹きこぼれないようにごく弱火にして、沸騰するまでかき混ぜながら煮る。
  5. 沸騰したら吹きこぼれに注意しながら、約10分間絶えずかき混ぜながら煮る。
  6. オーガニックコットンバッグを広げて別の鍋にかぶせ、その中に大豆液を入れる。
  7. 手で持ち上げるなどして、液体が下の鍋にほぼ落ちるまで待つ。
  8. 新しい鍋の中に袋を置き、上から木べらやしゃもじなどで押さえつけるようにしてよく絞る(熱いので注意)。
  9. だいたい絞れたら、袋の中身おからを電子レンジに5分ほどかけてかきまぜ、水分を飛ばしておく。

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1250223a-1200x900.jpg です

メモ

  • 吹きこぼれやすいので、温度が上がってきたら早めに弱火にしたほうが安全です。
  • 絞るときは少し水分が残っていてもかまいません。
  • おからをレンジにかけて水分を飛ばしてから保存すると、使うときに便利です。
  • おからは冷凍でも冷蔵でも保存できます。
  • 豆乳は冷蔵でも数日しか持たないので注意してください。
  • 今回は以下の大豆で作りました。おいしかったのでお勧めです。

-サイドディッシュ
-, , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.