エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

メインディッシュ

シチリアのカポナータ

更新日:

夏にぴったり、冷たくして食べるシチリアのトマト煮込みです。
温かくてもおいしいので、わたしはいつも温かいのを食べています。
作り置きができるので、夏はたくさん作って冷蔵庫にストックしておきます。

わたしはイタリアに3年間留学していたのですが、とくに夏はよく食べていました。
酢を使っているのでさわやかな酸味が食欲をそそります。

イタリア料理ではよく塩漬けケッパーを使います。
とくにシチリアではケッパーがよく採れるので、料理にたっぷり使います。
日本でよく見かける酢漬けのものとは味が違うので、必ず塩漬けを使用してくださいね。

トマト煮込みと書きましたが、素材が柔らかくなるまでさっと煮るだけなので、15分程度でできます。
暑い夏は火を使いたくなくなりますが、これぐらいなら大丈夫でしょう。

トマトは生の完熟チェリートマトを使うとよりおいしくなります。
ない場合はすべて缶詰でも大丈夫。
バジルの生葉をたくさんかけてください。

シチリアのカポナータのレシピ

準備1時間 調理15分

材料(3人前)

  1. ナス 400g
  2. パプリカ 200g
  3. たまねぎ 4分の1個(50g)
  4. セロリの茎 太1本 (50g)
  5. チェリートマト 50g
  6. カットトマト缶詰 100g
  7. オリーブ 20g
  8. オーガニックアップルビネガー 大さじ2
  9. オリーブオイル 小さじ1
  10. にんにく 2片
  11. 塩漬けケッパー 小さじ1
  12. オレガノ 小さじ半分
  13. バジル 1枝

松の実(オプション)

準備

ナスを角切りしてボールに入れ、塩を強めに振って1時間置く。
茶色い汁が出てくるのでそれを捨ててさっと洗ってざるにあげる。
パプリカを1.5センチ程度の角切りにする。
セロリの茎を1センチ角に切る。
たまねぎをみじん切りにする。
にんにくを包丁でつぶしみじん切りにする。
ケッパーをさっと洗って大きめのみじん切りにする。
オリーブを輪切りにする。

手順

  1. 鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。
  2. 軽く色づいてきたらたまねきを加えて透明になるまで炒める。
  3. セロリ、パプリカ、ナスを加えて1分ほど炒める。
  4. オリーブ、ケッパー、トマト、オレガノを加えてさっと混ぜる。
  5. 蓋をして中火で5分程度煮る。
  6. 酢を加えて、水分が飛んだら火を止める。
  7. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  8. 盛りつけてからオリーブオイル、バジルの葉と松の実を散らす。

メモ

  • ケッパーとオリーブに塩が含まれているので、その塩分で十分です。
  • 塩漬けケッパーはシチリア産がお勧めです。
  • 途中で水分が足りなくなったら適宜加えてください。
  • オリジナルではワインビネガーを使いますが、ヴィーガンワインビネガーが入手しにくいのでオーガニックアップルビネガーを使っています。
  • 汁気がほとんどない状態に仕上げます。

献立のヒント

豆類を使ったサイドディッシュ(豆腐ディップなど)、全粒粉のパンと組み合わせてください。

-メインディッシュ
-, , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.