エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

サイドディッシュ

マニプール風ゴーヤとじゃがいも炒め

投稿日:

マニプール風ゴーヤとじゃがいも炒め

苦みがあるゴーヤのおいしい食べ方として、以前にゴーヤのトーランを紹介しました。
今回はじゃがいもと一緒にしたインド東北部のマニプールスタイルの炒め物、Karotkhobi Kanghou です。

じゃがいもの甘みでゴーヤが食べやすくなります。
すぐに簡単に作れるので、いつもと違うゴーヤt料理が食べたくなったらどうぞ。

マニプール風ゴーヤとじゃがいも炒めのレシピ

準備5分 調理10分

材料(2人前)

  • ゴーヤ 中1本
  • じゃがいも 中1個
  • たまねぎ 中半分
  • 鷹の爪 1本
  • ターメリック 小さじ2/1
  • クミンシード 小さじ1
  • オイル 小さじ2
  • 塩 小さじ4分の1
  • コリアンダーの葉 少々

準備

たまねぎをみじん切りにする。
ゴーヤの種を取って(白い部分はとらなくていい)、縦半分に切ったのち、5mm厚さに切る。
じゃがいもを1.2センチ程度のさいの目に切る。
鷹の爪を手で砕く。

手順

  1. 鍋にオイルを入れて中火にかける、温まったらクミンシードを加える。
  2. シュワシュワしてきたら、たまねぎを加えて透き通るまで炒める。
  3. ゴーヤ、じゃがいも、鷹の爪、ターメリックを加えて数分炒める。
  4. 水を大さじ2杯ほど加えて、蓋をして蒸し焼きにする。
  5. 野菜が柔らかくなったら塩を振る。
  6. 皿に盛ってコリアンダーの葉を散らす。

メモ

  • ゴーヤのわたの部分は苦くないので、取らなくて大丈夫です。
    小さいゴーヤを使うときは種もそのまま切ってしまいます。
  • じゃがいもが大きすぎると火が通るのに時間がかかるので、このサイズに切ってください。

献立のヒント

豆のカレーと組み合わせてください。
ご飯でもチャパティでも合いますし、キヌアもいけます。

-サイドディッシュ
-, , , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.