エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

メインディッシュ

簡単手間いらずでおいしい、うずら豆のマリネ

更新日:

うずら豆のマリネ

イタリアはローマに住んでいましたが、夏場はアフリカ大陸からの熱風でとにかく暑かったです。
クーラーなどない家が多くて、しかも網戸もないので窓を開けられず、開けたら蚊に刺されまくりでよけい暑苦しく感じます。

そんなときにはよく冷たいものを食べていました。このうずら豆のマリネはお気に入りで、夏は冷蔵庫にこれを常備していました。

うずら豆をゆでて、ニンニクとハーブ、ビネガー、オリーブオイルであえるだけの簡単手間いらずです。
ここではローズマリーとパセリを使いましたが、イタリアではセージも加えていました。
手に入ればあったほうがいいです。

ハーブ類はプランターや植木鉢でも簡単に栽培できるので、ぜひチャレンジしてみてください。
わたしは庭でいろいろ育てています。

ビネガーはワインビネガーを使っていましたが、ヴィーガンのワインビネガーは入手が難しいので、アップルビネガーを使います。
さわやかでクセがないので、これも悪くないと思います。

ぜひ、夏の常備菜にしてくださいね。

簡単手間いらずでおいしい、うずら豆のマリネのレシピ

準備 豆の浸水12時間 調理 20分

材料(3~4人前)

  • 乾燥うずら豆 120g
  • ニンニク 2片
  • 生ローズマリー 1枝
  • パセリ 1枝
  • アップルビネガー 大さじ1
  • レモン汁 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1 
  • 塩 小さじ2分の1

準備

うずら豆を1晩水に浸けておく。

手順

  1. 豆の水を切って圧力鍋に入れ、豆の上2センチぐらいまで水を入れて火にかける。
  2. 煮崩れるほどやわらかくならないように、途中で火を止めて様子を見て、やり内容ならまた少し圧力をかける。
  3. 粗熱が取れたら、オイル、酢、レモン汁、ハーブ類のみじん切り、塩を混ぜる。
  4. 冷蔵庫で1時間ほど休ませる。

メモ

  • うずら豆以外では、赤いんげん豆でもこのレシピに合います。
  • オリーブオイルの代わりにオメガ3系の亜麻仁油などでもいいと思います。でも、わたしはオリーブオイルが好きです(コールドプレス、オーガニック、手摘みを使いましょう)。
  • アップルビネガーはオーガニックを使ってください。
    りんごは農薬使用量が多い果物のひとつです。

献立のヒント

夏であれば野菜のサラダと全粒粉のパンでシンプルに。
パスタの付け合せだったらオールシーズンいいと思います。

-メインディッシュ
-, , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.