エシカルな食卓

栄養バランスにこわだったヴィーガンレシピ集

軽食

ベサンチーラ(ひよこ豆粉のオムレツ)

更新日:

ベサンチーラ(ベサン粉のオムレツ)

ひよこ豆を粉にしたものをヒンディー語でベサンといいます。
ベサンはインドやパキスタン、バングラデシュなどでよく使われています。

揚げて団子したり、またとろみをつけるのに使ったりもできて便利ですが、わたしはオムレツ風のチーラが大好きです。
一時期ランチはこればかり食べていたことがあったぐらいです。

粉さえあれば簡単にすぐにできて便利です。
ない場合はひよこ豆を挽いて作れます。
アジョワンシードはなければ加えなくてもいいですが、ガスの発生を抑えると言われていて、ベサン粉とよく合います。

本来は軽食ですが、けっこうお腹いっぱいになります。
トマトチャトニを添えてもおいしいですが、わたしはアチャールと食べるのが好きです。

ノンスティック加工のフライパンだと簡単ですが、わたしはインド製の鉄のチャパティパンを使っています。
パンが小さいので少し厚めに仕上がっていますが、もう少し薄く作ってください。
片面がパリッとしている方がおいしいと思います。

ベサンチーラ(ひよこ豆粉のオムレツ)のレシピ

準備5分 調理10分

材料(1人前)

  • ひよこ豆粉 40g
  • 水 50cc
  • 重曹 小さじ1/4
  • レモン汁 小さじ1/2
  • トマト 中1/4個
  • たまねぎ 中1/4個
  • 青唐辛子 1本
  • コリアンダーの葉 みじん切り大さじ2
  • こしょう 少々
  • アジョワンシード 小さじ1/4(省略可)
  • ターメリック 小さじ1/4
  • 植物油 小さじ1

準備

トマトは種を取ってみじん切りにする。
たまねぎ、青唐辛子、コリアンダーを洗ってみじん切りにする。

手順

  1. 植物油を除くすべての材料をボウルに入れてスプーンでよく混ぜる。
  2. フライパンにオイルを入れて十分に熱する。
  3. 弱火にして生地を丸く流し入れ、蓋をして5~6分間焼く。
  4. 裏返して反対側を2分程度焼く(蓋はしない)。

メモ

  • ひよこ豆粉がない場合は、軽く炒って冷ましてからミルサーにかけるとできます。
  • 焦げやすいのでごく弱火で調理します。
  • ひっくり返してからは蓋をしない方がパリッと仕上がります。

献立のヒント

野菜サラダやアチャールなどを添えると、バランスがいいランチになります。
写真は青パパイヤのアチャールとベビーリーフです。

-軽食
-, , , , ,

Copyright© エシカルな食卓 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.